ヘッダー

少年サッカー

こんにちは、すずき整骨院の鈴木です。

日曜日は、長男は野球をやっていますが、あまり皆さんに知られていないところで、次男がサッカーをやっています。

江戸川区の葛西FCというチームで、保育園から入れるということで、年少さんの昨年から参加しています。

今の少年サッカーはやることがとても本格的で、「蹴って走る!」だけでなく、保育園でも「アジリティートレーニング(敏捷性)」や「ドリブルフェイント」などもおこなっていました。

5歳の子供が一生懸命シザースフェイントをやっているのを見て、「おーすげー!」って思いました。

小学生から中学生、大人になったらどんなに上手くなっていることでしょう!楽しみです。いつごろに私が負けるようになるのでしょうか。

9歳まではゴールデンエイジといって、色々な動き方、パターンを教えると、その分大人になった時のテクニックの飲み込みが早くなります。

あと、やらせ過ぎは要注意です!

子供は小さな大人ではなく、骨も筋肉も、内臓もすべて子供です。たくさん練習をやるのはけっこうですが、色々な動きのスポーツをやらせてあげましょう。

ということで、今日もあまり整骨院とは関係ない話でした。次回は、サッカーの障害について書きます。

すずき整骨院


東京都江戸川区東葛西
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ