ヘッダー

回答書

こんにちは、夜10時を過ぎても仕事をしています。

なんでかってーと、交通事故のむち打ちで通院されている患者さんの保険会社から「回答書」というものが送られてきましたのでそれを書いています。

この回答書には、「どこがまだ痛いの?」「どんな治療をしてんの?」「いつまでに治りそうなの?」というのが書いてあります。

なので、「首が痛い」「電気治療と矯正治療」と、ここからが肝心で「あと1ヶ月で良くなりそうです。」とか書いたらどうなりますか?そうです。私のせいで患者さんは「あと1ヶ月しかむち打ち治療」を続けられなくなります。

保険会社は「整骨院の先生が1ヶ月で良くなるって言ったから」ってもちろん言います。あたりまえですよね。

なので「慢性的にもなりつつあるので、患者さんと医師の判断によります。」と、とても抽象的に書きます

回答書を送りつけてきた保険会社の狙いは、治療期間を決めることだからです。治療期間が決まれば保険会社も安心できます。いくらかかるかだいたい計算できるからです。

というこんなことを夜遅くまでやっている、すずき先生を、もとい、すずき整骨院を皆さん応援してください!

注:「応援」とは、体が痛いときはすずき整骨院に来院してください。ということ。

すずき整骨院


東京都江戸川区東葛西
お怪我の際はお気軽にお越しください